自己破産後の生活.net

MENU

自己破産後の生活.net

債務を抱えている人の中には、自己破産だけは避けたいと考える人もいるようです。借金がなくなればストレスのない生活を始められるのですから、これほど大きなメリットはないでしょう。それにもかかわらず避けたいと思う理由は、自己破産後の生活に対して不安があるからだと推測します。そもそも自己破産とは、経済生活の債権の機会を与えるための制度として作られているのですから、自己破産後に生きていくことができないと言ったことはないと考えておいて問題はありません。

 

自己破産後は、その前と比べると借金がなくなるという点で異なります。ただ借金がなくなるだけではなくて、財産があればそれもなくなります。財産を換金して借金を返済し、そして残りは免除してもらうというのが自己破産の手続きですから、換金できるような財産は基本的になくなると考えておいた方が良いでしょう。自分にとっては思い入れがあって非常に価値の高いものだと思っていても、市場の価格で売却されることもありますから注意が必要です。

 

ただ、自己破産をしなければならない人の多くは、換金できるような財産を持っていないのが現状です。もしも財産があれば破産管財人がそれらを適切に扱うのですが、ない場合には手続きは簡単です。もしも換金できるような財産が何もない場合には、裁判所は手続き開始の決定を行うと同時に破産に関する手続きを終えます。これを同時廃止と呼びます。ですから、手続きは非常に迅速に行われます。

 

自己破産後の生活がどうなるのかと不安に思っているのなら、まず自己破産がどのような制度なのかを把握しておくと良いでしょう。推測だけで恐れていても解決にはなりませんから、そもそも自己破産がどのような制度なのかを理解した上で、どうするべきなのかを判断するべきでしょう。

 

自己破産をすれば人生が終わりだと考えてしまう人もいるようですが、これは全く逆と言っても良いでしょう。というのも、自己破産をすることによって新しい人生が始まると考えた方が良いからです。借金を返済できなくて経済的に破綻した人を苦しめるために自己破産の制度が作られたのではありません。経済的に破綻した人が生活をやり直すために作られたのが自己破産の制度です。

 

ですから、まず借金はすべてなくなります。その代わりに換金できるものは換金して返済に充てなければなりません。つまり、資産も負債も失うことになるのです。しかし、救済するための制度なのですから、自己破産後の生活に必要となる最低限のものは失いません。

 

このように制度の概要を知れば、自己破産後の生活は厳しいものではないことが分かるでしょう。借金がなくなればその返済をしていく必要はありませんから、その分だけ生活は楽になると考えられます。自己破産をしたことのある人なら、もっと早くしておけば良かったと感じることでしょう。自己破産という言葉はマイナスなイメージに聞こえますが、実はすばらしい制度なのです。